オリジナル曲を作るのにめっちゃ便利な音楽理論たち(1)「メジャースケール」

以前、「オリジナル曲をとっても簡単に作るたった2つの手順」を書いたのですが、いかがでしたか?

世界に1つだけのあなただけの1曲は作れたでしょうか?

あの手順で、実際に作曲することができますが、これからも、もっとたくさんの曲を作って行く上で、知っておくと、とっても便利で、作曲作業がスムーズにできる音楽知識があるので、これから説明していきたいと思います。

メジャースケール

これは、音楽理論の基礎の基礎になる考えなので、じっくり頭に入れておいてください。

7つの音

まず、この世界に存在する音(音階)は全部で12個に分けられます。

「ド」から始まって次の「ド」までの間の音のことです。

でも、ここでちょっと疑問に思われてる方がいると思います。

だって、小学校の音楽で習った時は、

」「」「」「ファ」「」「」「

の7つしかないと思ってたけれど!って

そうなんです、実はその7つの音がメジャースケールなんです!

正確には「C」のメジャースケールといいます。

なんで「C」かは、「C」をドとして始まってるからです。

えっ!

だって、さっき、12個あるって言ったじゃない!😳

ってなりますよね😅

てことは、残りの5つの音はどこにあるのよ?

ちゃんとあるんで〜す✌️

どこにーっ?

ピアノの鍵盤で考えてみよう

それを考える時には、ピアノの鍵盤を見るととってもわかりやすいんです。

ピアノには白鍵と黒鍵がありますよね。

今回は「C」のメジャースケールで説明します。

まず、その前に音階を英語名で表すと

「ド=C」「レ=D」「ミ=E」「ファ=F」「ソ=G」「ラ=A」「シ=B」となります。

なので「C」のメジャースケールは「ド」からはじまるスケールということです。

緑色で書いたところがメジャースケールの7つの音で、

黄色で書いたところが、さっきなかった残りの5つの音です。

そもそも、ピアノの白鍵と黒鍵の違いってどうちがうの?

って思う方も居るかと思いますが、それぞれ、なんの違いもなくて、同じ1つの音なんです。

緑色で書いた7つの音の集まりをCのメジャースケールといいます。

じゃあ黄色で書いた残りの5つの音はいったいなにか?

それらはCのメジャースケール以外の音になります。

もし、Cメジャースケールの曲で残りの5つの音を鳴らすと、とっても変な,ズレた感じの音に聴こえます。

なので、基本的なメロディは、7つの音を中心に構成していきます。

「ド」から順番に上がって行くと、、、、

」「ド#」「」「レ#』「」「ファ」「ファ#」「」「ソ#」「」「ラ#」「

と、なります。

これらはすべて半音ずつ上がっています。

ピアノの鍵盤はすべて半音ずつズレて並んでいるんです。

[ド」から順番にメジャースケールの7つの音だけに数字をつけていくと。

「1️⃣ド」「2️⃣レ」「3️⃣ミ」「4️⃣ファ」「5️⃣ソ」「6️⃣ラ」

「7️⃣シ」

となります。

メジャースケールの法則

そして、これらの7つの音の並び方には、ある法則があるんです。

それを説明する前に、、、、

半音+半音=全音  となることをふまえて頂きまして、、、、

それぞれの音の間隔を表すと

1️⃣全音 2️⃣全音 3️⃣半音 4️⃣全音 5️⃣全音 6️⃣全音 7️⃣半音 1️⃣

『 3️⃣と 4️⃣』『 7️⃣と 1️⃣』の間隔だけ半音なんです。

なんでこんな法則の話しをしたかと言いますと。

メジャースケールは「C」だけじゃなくて、すべての音に存在するからです。

たとえば、「レ」を始まりの音とする事もできるんです。

「レ」を1️⃣としてメジャースケールを考え、先ほどの法則をあてはめると、

2️⃣は 1️⃣から全音離れているので「レ」から全音上がれば2️⃣は「ミ」になります。

このように、先ほどの法則に従っていくと、、、、

「レ」「ミ」「ファ#」「ソ」「ラ」「シ」「ド#」になります。

「レ」は英語で「D」なので、これを「D」のメジャースケールといいます。

このように、先ほどの法則にあてはめて行けば、12音すべてのメジャースケールが決まるんです。

「キー」と「調」

一般的に「C」のメジャースケールの事を「C」のキーと呼びます。

なのでキー「C」の曲といえば、「C」のメジャースケールの曲ということです。

このキーのことを調ともいいます。

サザンの曲C調言葉に御用心のC調も、C調は明るい、軽い、感じがするからって、説もあるとか、ないとか😉

ここで,ちょっと、一休み!のクイズタイム〜、、、、、🌴

そもそも、「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」「ラ」「シ」って何語でしょうか?

、、、、、、、、、、、、

答えは、イタリア語です!

英語では「C」「D」「E」「F」「G」「A」「B」

そして、日本語だと、「ハ」「ニ」「ホ」「ヘ」「ト」「イ」「ロ」です。

なので、「C調=ハ調」  正確には「ハ調」

になります。

「短調」と「長調」

ここでまた、新しい文字が出てきましたねー!

」、、、、、

長調短調って言葉、、、皆さんもおそらく聞いたことがありますよね!

まず、2者の」違いは、、、、

長調=明るい

短調=暗い

です。

長調は、今まで勉強してきた音、まさにメジャースケールの7つの音で構成された調のことです。

短調は「3️⃣番目」 と「6️⃣番目」と「7️⃣番目」の音を半音下げた状態のことです。

ピアノの白鍵と黒鍵のふしぎ

先ほど、ピアノの白鍵と黒鍵は、それぞれ同じ1つの音です。ってお話しましたが、じゃあなんで白と黒があって、しかも弾いてみると、白鍵のほうが広くて弾き易いし、黒鍵は狭くて奥にあって比較的に弾きにくいんでしょうか。

なんで、あのような配置になったか?

それを考えるのに、メジャースケールの考え方がとっても関係しているんです。

さきほどお話した「C」のメジャースケールの場合、7つの音はすべて白鍵です。

なので「キーC」でメロディーやコードを作る場合、基本、白鍵だけで綺麗なメロディーできてしまうんです。

ようするに、「キーC」で考える場合、白鍵が綺麗な音で、黒鍵は、それ以外の音なんです。

ね!なんか不思議でしょ!

まとめ

以上メジャースケールの考え方をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

このメジャースケールの考え方は、音楽の非常に大切な基礎になります。

英語の勉強に例えれば、アルファベットを覚えることと同じくらい大切なことなので、わかるまで、じっくり繰り返して頭にいれてください。

管理者あいさつ

こんにちは、このぶろぐの管理者の ひろりんです。

わたしは横浜でシンガーソングライターをしています。

これからオリジナル曲をつくろうと考えている方、歌が上手くなりたい方などに、音楽で人生を楽しくしていく方法を提案しているブログです。

ほかのページにも遊びに来てください、よろしくお願いします。

わたしの日常の事などはアメブロに書いていますのでそちらもよろしくお願いします。

https://ameblo.jp/hirolynchan/

Follow me!